あの島なくても結局ボス沸く場所4つあっ

あの島なくても結局ボス沸く場所4つあってゴミ

猫助けようと…有馬温泉観光施設で男性死亡

猫助けようと…有馬温泉観光施設で男性死亡

1: ◆dy5OJynnfTQj 2018/02/22(木)14:39:52 id:w7z

 21日、神戸市の有馬温泉にある観光施設の岩風呂の近くで、48歳の男性従業員が倒れているのが見つかり、22日朝、死亡が確認された。

 21日午後7時半過ぎ、神戸市北区の有馬温泉にある市の観光施設「太閤の湯殿館」で、従業員の新田和久さんが施設内にある「岩風呂の遺構」で意識不明の状態で倒れているのが見つかった。

(省略)

 新田さんは、施設に迷い込んだ近所の飼い猫を岩風呂の遺構から助け出そうとしていたという。

(省略)

全文・動画はこちら

日テレNEWS24(2018年2月22日 10:27)

http://www.news24.jp/articles/2018/02/22/07386260.html

20: 警備員◆OQUvCf9K4s 2018/02/22(木)19:08:09 id:bdo

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵。∴∵

まさにこれ。

∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴: --─- ∴∵∴∵∴∵∴∵

∴∵゜∴∵∴∵∴∵  (___ )(___ ) ∴∵。∴∵∴∵ ゜

∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi ∴∵∴∵。∴∵∴

∴∵☆彡∴∵∵ //||    」  ||] ∴:∵∴∵∴∵:∴∵

∴∵∴∵∴∵ / ヘ    ____,ヽ  ∴:∵∴∵∴∵:∴∵

∴゜∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴∵∴∵:∴∵∴∵

∴∵∴∵  く  /     三三三∠⌒> ∴:∵∴∵:∴∵

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵

   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧

  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ ムチャシヤガッテ…

   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /   猫想いのいい奴だった…

   三    三    三    三  

   ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪

  三三   三三  三三  三三

26: 名無しさん@おーぷん 2018/02/22(木)22:30:22 id:ggu

ねこの日とマスコミは報道するが、竹島の日でもあるんだよな

こんくりに、かびをいれてしまってるひとがいる。

こわい、嫌悪感がひどい

何故、待ち時間が長いのか

病院というのは体の異常を訴えていて

診療を希望している場合には

予約外であっても診なくてはいけなく

待ち時間にも大きく影響してくることは

前回書いた通りです。

そして今回、3つ目の理由は

採算を重視せざるを得ない

ためでです。

病院も企業と同じで利益がなくては

経営が成り立ちません。

そして現代では採算が合わないと

公的な病院でも無くなってしまう

ご時世です。

患者さんの立場になると

もっと予約数にゆとりを持てないのか、

もっと医者をはじめ、スタッフを増やせ

ないのかといった意見もあると思います。

病院も1年を通して毎日忙しい訳でもなく

例えば、風邪やインフルエンザの時期は

健康で普段は病院に来ない方も多数

来院します。

ピーク時の人数を基準に医師や看護師を

確保すれば、待ち時間は短くなりますが、

オフシーズンの時期には余計な人件費が

発生することになり、

それを避けたい経営者が殆んどなのです。

もし、

いつも混んでいるのにもかかわらず

病院の規模に比べてスタッフが少ないと

感じたら利益重視の病院であるか、

勤務条件が悪くスタッフの集まらない

病院といえます。

いずれにせよ、患者第一主義では

無いのかも知れませんが、

綺麗ごとでは経営が成り立たない

というのが病院側の考えなのです。

そして医師や看護師、事務といった

スタッフが足りないことで

患者に負担が生じるというわけです。

人には見えないものが見えるようです。外

人には見えないものが見えるようです。外監視ちゅう。

ないない尽くしのフランス!日本の幼稚園ママは大変!と感じたその理由

ご訪問ありがとうございます。

今日も素敵な1日になりますように。

初めましての方は、お読み頂く前に

こちらおよみ頂く前にをどうぞ

幼稚園の風景懐かしいです。

制服もなく、タブリエと呼ばれるスモッグを着て過ごします。

タブリエも青とボタンがあること、だけが指定でした。

さて。

フランス人がなぜ沢山子供を産めるのか、

の記事には沢山の方が興味を示して下さって

ありがとうございました。嬉しいです。

記事

フランス人がたくさん子供を産める理由

そのヒントはたくさんあるような気がして、

まだまだこれからも書いてまいりますが、

今日は幼稚園のあり方について、

まずはちょっとだけご紹介。

上記の記事で、フランス人の子供は

ママが働いていようがいまいが、

皆幼稚園へ行く、と書きました。

私が日本に帰ってきてから、

どうしてこんなに日本は大変なのぉ!?

と感じ、少し疲弊した理由も、今日の記事で

少し理解して頂けるかもしれません。

働くママが多くいるフランスの幼稚園。

果たしてその幼稚園とは、

どんなところか

一言で言うと、

イベントが限りなく少ない!!

最小限に抑えられている!

と言う点だと感じました。

私はフランスの幼稚園が子供の教育の

初体験だったために、それがベースになりましたが、

フランスしか知らずに日本に帰国して思ったのは、

日本の幼稚園のなんとイベントの多いこと!

まず。

驚くかもしれませんが、

フランスには、日本では当たり前の

入園式卒園式はありません。

娘は無事卒園してから帰国することができましたが、

卒園するときだって、皆、気楽に

ボンバカーンス!良い休暇を!と言って、

普通に、楽しそうにさよならをして終わりなのです。

入園、卒園をみんなで祝う感覚とかはないようで、

いつでもバカンスのことで頭がいっぱい!笑

あっけらかんとしたものです。

入園するときだって!

ボンジュール!だけでとっても気楽に始まって、

当然ママたちは普通の格好で送迎するのです。

日本でしたら、概ね、慣らし保育的に、

初めは短縮スケジュールだったりしそうですが、

フランスではすぐに朝8時から4時過ぎまで。

3歳児には過酷?ともいえるかもしれませんが、

働くママには助かりますね。

そして、湿気ムンムンの猛暑の中、

からりとしたフランスから日本に帰国して、

すぐに幼稚園へ入園させた私を待っていたのは、

鬼のような名前付けの嵐!!

名前付けがあるなんて、そしてこんなに大変だなんて

すっかり頭にありませんでした。

だって、日本って

規格方法まで指定されるのですもの!!

ゴムをつけてくださいとか。

バッグはこの規定のサイズで手作りを!

海外引越しのバタバタと時差と新生活で、

頭がクラクラになりそうな中、

夜な夜な名前付けをしましたっけ。

フランスでは、持参する品も用意するものも最小限で、

名前書きも少なかった上、何しろ適当なので、

記憶に残らないほど楽だったのです。

名前付けは余談でしたが、

そう、フランスにはなんと運動会もありません。

お泊まり保育も、保育参観も、

日本では年に数度あるお遊戯会も

ママたちを悩ます幼稚園のお祭りバザーのような

大掛かりなイベントも、そして娘の幼稚園では

学期ごとに年3回ある先生との個人面談もありません。

吉幾三の歌にできちゃいそうです。

お泊まりねぇ、式もねぇ、あるのは気楽なプチデジョネ

オラ日本の幼稚園やだ、オラ日本の役員やだ、

フランスさでぇるぅだ

なんて、ことあるごとに冗談めいてこんな歌を

妄想し歌いつつ頭の中はニヤニヤしながら

次女を後ろに乗せて自転車を飛ばしながら、

幼稚園では日本の良いママよろしく、

幼稚園へもちゃんと出向きます?

的に真面目な顔をして頑張っていた私。

というのは少し冗談ですが笑

娘の幼稚園では、年に一度お遊戯会を兼ねた

幼稚園のお祭りとマルシェドノエルと言われる

クリスマスマーケット、そして

またいつか書きますが、

とても気楽な朝食会と、

行きたい人だけ行けばいい保護者のディナー。

そして、保護者会!

これは夜に開催されるのも

日本と違うところですね。

ないない尽くしのフランス、

みなさんはどう思われるでしょうか?

寂しいでしょうに!思う方もおられるでしょう。

でも、フランス人はそんなこと微塵も

思っていません。

だって、初めからないのですから、

なくて寂しい、なんて発想はできないのです笑。

何かを変えていきたい、と思うとき、

楽にしていきたいと思うとき、

一番邪魔をするのは慣れ親しんだ

マインドかもしれませんね。

折り目正しく、節目節目を大切にし、

用意周到、手順命!そしておもてなしの心を

持った日本の幼稚園にはないラフさでは

ありますが、これに慣れてしまえば、

日本人の私でもなんの違和感もなく、

こんなものかと思えたものです。

そんな私ですから帰国してからはまぁ大変!

なんで毎日のように幼稚園へ行くことになるわけ?

イベントごとに撮られる写真、

それが張り出されれば幼稚園へ足を運んで欲しい

と言う園長先生の願い故、ママたちは自転車を

かっ飛ばして写真オーダーのための写真チェックをしに、

幼稚園へ出向くわけです。娘はバス登園

イベントが多いと、その写真掲載の機会も多いこと!

ただ日本の幼稚園は幼稚園での成長を

沢山見せてくれて親に感動をあたえてくれる

場面は沢山用意されていますね。

そしてこのイベントが少ないことが、

どう言うことか、と言うと。

いつものことながら書き足りませんが、

長くなりましたので、

続きはおいおい。

またお立ち寄りいただければ嬉しいです。

最近は娘たちが二人だけで

仲良く遊んでくれることも増えました。

嬉しいこの頃デス。

笑顔で素敵な1日を。

応援よろしくお願いいたします

1日に一回それぞれのボタンを押して頂くと、

ポイントに反映されてランキングが

上がる仕組みになっています。

にほんブログ村

人気ブログランキング

どうしてカンボジアに寄付するのか?

カンボジアにラジオを贈った。

でも、電池がなかった。

カンボジアに学校を建てた。

でも、子供たちが欲しいのはブランコだった。

200万ドルを寄付した。

でも、実際には200万円だった。

井戸を掘ってあげた。

でも、街のスーパーには水のペットボトルで溢れていた。

善意の寄付、協力をしている人もたくさんいますが。

ちぐはぐな実態を知ってしまうと日本人のひとりとして寂しい気持ちになります。

どうしてカンボジアにだけ寄付を?

私は以前からこういう疑問を抱いていました。

形式だけの寄付をして、

勲章をもらい、

それをwebに掲載する。

私はこういうこととは無縁でありたい。

英語を教える人はいる。

日本語を教える人もいる。

でも、カンボジアには英語のスピーチ、日本語のスピーチを教える人はいないそうです。

私自身が何をすべきか?

先のプノンペン会議で何かが見えてきたような気がします。